看護師面接に受かるコツ

看護師の面接の時の服装

新卒看護師さんが病院に面接に行く場合、スーツで行くと思います。
しかし、別の病院に転職する看護師さんの場合、「スーツなんかもう処分した」とか「昔のスーツが入らない」などの理由で「スーツ以外で面接を受けに行ってもいいのかしら?」と不安に思われるでしょう。

 

面接に「スーツでなければいけない」という規定はありませんので
スーツがあればスーツを着用する
スーツが無いなら「ブラウスにスカート」「ブラウスにパンツ」の
ベーシックなものなら問題ありません。
黒か紺、ベージュやグレーなどの落ち着いた色を選びましょう。

 

印象を決めるのは、着ている服だけではありません。

 

メークや髪型で、印象がガラリと変わってしまうので

  • 派手なメークは避け、ナチュラルメークを心がける
  • 派手なアクセサリーは厳禁!
  • 髪型はスッキリさせ、寝グセがついたまま行くなんてことのないように!
  • 派手な色のカラーリングは、病院にはNG。

などに気をつけてチェックしましょう。

 

何と言っても看護師ですので清潔感が重要です。
看護師としては当然の事と言えるでしょう。
病気や怪我の治療を行うのが病院です。
その病院で働く看護師が、不衛生な格好や不潔そうな身だしなみでは、話になりませんよね。

 

とは言え、
「自分ではいいと思っても、実はあまりいい印象を与えていない」
ことってありますよね?

 

私自身も病院に面接に来られる看護師さんのスタイルを見て
「ゲっ!」
と思ったことがあります。
たぶんご本人は、「大丈夫」って思っているんだろうけど、
面接をする側から見たら「派手だよね〜」って思ってしまいました。

 

こういうのって自分では分からないもんなんです。
じゃあ、家族とか友達とかに見てもらったら大丈夫かも?!
って思うんですが、価値観が似た人に見てもらっても、
その違いが分からないと思いますし、
お友達じゃ指摘もしにくいんじゃないでしょうか。

 

そこで利用したらいいのが「面接のプロ」!
それも看護師専門の転職支援サービスの担当者なら、
何人もの転職に関わってきていますので、
どんな服装ならOKでどんな服装はNGとか
メイクに関して、髪型に関してのアドバイスを求めることもできるでしょう。

 

無料で登録、活用できるので、ぜひぜひアナタの転職にお役立てください!


変動通貨はスワップポイントが高め