訪問看護師になるための看護マニュアル

導入期の患者教育

患者さんは、医師から疾患や治療についての十分な説明を受け、
同意の上で治療を受けることが大原則です。

 

化学療法の治療の流れや副作用、その対処方法などの情報提供を入院中から行っておきます。

 

在宅での薬物管理、使用及び内服方法と副作用対策、症状コントロールの方法などを指導しておくことは特に大切です。

 

薬物の組み合わせによって出現する副作用が異なります。
使用する薬物の代表的な副作用について、
医師や薬剤師、病棟看護師から情報を得て、事前に対策を立てておきます。

 

中心静脈カテーテルや埋め込み式カテーテルから抗がん薬を注入する場合は、
輸液製剤やカテーテル、輸液注入用ポンプの取り扱いについても、
入院中から患者さん、そして患者さんの家族や介護者に指導しておきます。

在宅がん化学療法の必要物品

使用する薬物、投与方法、必要物品などは主治医と確認し、
「誰が」、「どこで」、「どのような」物品を準備するか事前に調整しておきます。

 

在宅で使用する医療材料は、基本的に主治医の所属する病院や医院で準備します。
そして、抗がん薬や輸液については、病院や院外薬局で処方してもらいます。

 

院外薬局で処方してもらう場合は、取り扱い薬局が限られるので、
事前に調べて連携をとっておくことが大切です。

在宅がん化学療法での抗がん薬の投与

(1) 経口投与

 

内服回数や時間、方法について指導します。

 

飲み間違いや飲み忘れがないように、薬物の管理方法について
患者さんや患者さんの家族、介護者と確認しておきます。

 

訪問看護師は確実に内服できているか、副作用の出現がないかどうかなど、
訪問時に観察します。

 

患者さんや家族、介護者がそれぞれ体調や副作用症状の観察、
日々の変化を把握できるよう、
製薬会社から提供されているハンドブックやダイアリー、
手作りのノートを利用して記録してもらうようにします。

 

(2) カテーテルからの抗がん薬の投与

 

中心静脈カテーテル、皮下埋め込み式カテーテルからの抗がん薬投与は、
医師の指示に従って看護師が実施します。

 

確実に投与されているか、漏れはないか、副作用の出現がないかを観察します。

 

使用後の点滴や注射器、アンプルなどの物品は、
一般ゴミでは廃棄できません。
分別し、処方した病院や薬局へ返却するようにします。