訪問看護師になるための看護マニュアル

インスリン注射に必要なもの

・ペン型注射器、またはカートリッジ式注射器、使い捨て注射器
・注射針
・必要であればインスリンカートリッジ
・アルコール綿
・インスリンの種類と量が明記されている手帳と指示書
 (打ち間違え防止のため)

インスリン注射の手順

(1) 手洗いを行います。

 

(2) SMBGが必要であれば行います。

 

・主治医に食前・食後のどのタイミングでSMBGを行うか確認しておきます。

 

・スライディングスケールでインスリンの量が変動する場合や、食欲低下などのシックデイは必ず測定します。

 

・測定値を記録しておきます。

 

(3) インスリンを混和します。

 

白濁している種類のインスリンは必ずよく振り混ぜます。
カートリッジ内部のガラス球を震動させながら、
最低10回以上、液が白濁するまで振ります。

 

(4) 注射器を取り付けます。

 

ゴム栓をアルコール綿で消毒します。

 

注射針は保護シールをはがし、ゴム栓をまっすぐ軽く押しながら時計方向に回します。
針は毎回新しい針に交換します。

 

(5) 空打ちをします。

 

空打ちは、インスリンが出ることの確認と、空気抜きのために必ず行うように指導します。

 

空打ちは、まずダイヤルを2に設定し、針ケース、針キャップを外します。
針先を上に向けてインスリンホルダーを軽くはじき、カートリッジ内の空気を上に集めます。
視力障害があり、ひとりで確認しにくい場合は、
もう片方の手に向かって空打ちし、手が濡れるかどうかで確認をします。

 

(6) ダイヤルを指示されている単位に設定します。

 

ダイヤルが0になっていること、
インスリンの残量がこれから注射する量だけ残っているか、
インスリンの種類は指示通りかどうかを確認します。

 

高齢者の場合は、交換時期を前もって指導します。
交換時期に合わせて訪問看護師の予定を調整するようにします。

 

高齢者や視力障害のある患者さんの場合は、
介護者や家族に必ず確認してもらうようにします。

 

投与以上の量のダイヤル設定をしてしまった場合は、
0に戻します。
インスリンホルダーと本体を引っ張り、
少し離して注入ボタンを押すと0に戻ります。

 

(7) インスリン注射を実施します。

 

注射部位をアルコール綿で消毒します。

 

注射しながらダイヤル表示が見えるように、上に注射器を持ちます。

 

もう一方の手で皮膚をつまみ、皮膚に対して針を45〜90°の角度で皮下に刺入します。
注入ボタンを押し切った状態で、ゆっくり6秒数え、
ダイヤルが0に綯っていることを確認してから針を抜きます。

 

針が細いので、ダイヤルが0になっていても、
設定した分のインスリンが注入されるまで時間がかかることを説明します。
必ず6秒数えるように指導します。

 

注射部位は、同じ部位に集中しないよう、毎回変えるように指導します。

 

注射をした後は、アルコール綿で消毒します。
注射した部位は、吸収が速くなるので、もまないように指導します。

 

(8) 針を外します。

 

注射の後、針ケースを注射針に向かってまっすぐに被せ、
左に回しながら外します。
針ケースをまっすぐに被せないと、
針がカバーを突き抜けてくることがあるので注意が必要です。

 

使用後の注射針は、医療廃棄物なので
一般ゴミとして捨てることはできません。
缶や空きビンなどに保管し、
来院時に持参し、医療機関で廃棄してもらうようにします。