訪問看護師になるための看護マニュアル

嚥下障害患者さんへの緊急時の対応

窒息状態になると、会話や呼吸、咳をすることができません。
自分自身で喉をつかむようなしぐさをしたり、
異物が喉に詰まったことを知らせようとする「チョークサイン」を出してくれることが多くあります。

 

患者さんがこのような状態になり、窒息が疑われる場合は、緊急処置を行います。

 

@ 指で異物を掻き出す。

 

咽頭入口部を閉鎖している場合は指を入れて、
異物を側方に押し少しでも気道を確保してから、
確実に異物をつかんでねじ上げるようにして取り出します。

 

A 背部叩打法を行います。

 

座位、或いは立位で患者さんの背部に立ち、
一方の手で胸を支え、患者さんの肩甲骨を手根部で強く叩きます。

 

重力を利用して異物の喀出をはかりたいので、
患者さんの頭を胸よりも下にします。

 

B ハイムリック法を行います。

 

患者さんの背部に回って両腕で上体を抱え、
一方の手で拳を握って剣状突起とヘソの間におき、
もう一方の手をその上に被せて組み、
患者さんの腹部に食い込ませるように瞬間的に引き上げ、
上方に締め付けるように抑えます。

 

C 吸引します。

 

吸引器で吸引をするときには、経口または経鼻的にカテーテルを挿入して
誤嚥物を吸引します。

 

吸引器を用意することができない場合は、
家庭用掃除機の吸引筒にはめ込む吸引ノズルも市販されています。

 

どちらかを準備しておき、緊急時の対応に使用できるようにしておきます。

誤嚥による合併症

@ 38.5℃以上の発熱、喀痰量が増える、呼吸状態が悪化し、呼吸数の変化、呼吸音の変化、
SaO2、チアノーゼなどの症状がみられる。

 

A 炎症所見の悪化

 

このような症状がみられたら、誤嚥による合併症の危険性が高いので、
医師や訪問看護師にすぐ連絡するよう、患者さんや患者さんの家族に伝えます。