訪問看護師になるための看護マニュアル

誤嚥とは

誤嚥とは、食べ物や水分、唾液などが口腔から咽頭を通過し食道に運ばれる段階で、
誤って気管に入ってしまう現象のことです。

 

高齢者になると、加齢に伴い、気管の感覚が低下するので、
むせの症状がなくても誤嚥していることがあり、注意が必要です。

 

唾液や、胃食道逆流液を誤嚥しているにもかかわらず、
自覚症状がない不顕性誤嚥もあります。

誤嚥の原因

@ 口腔期における誤嚥

 

口の筋力の低下、歯の欠損などにより咀嚼が不十分になります。

 

歯が欠損していると、舌が前に出てしまうので、
舌背のへこみができず、食べ物の塊が形成できません。

 

そして、唾液の分泌量が低下しているので、食べ物を送り込みにくくなっています。

 

筋力が低下し、口腔期が延長(食べ物の保持低下)し、
咽頭への流入が促され、誤嚥することがあります。

 

 

A 咽頭期における誤嚥

 

嚥下反射の遅延や喉頭の挙上不十分、
高齢者は生理的に喉頭が下方にシフトするなどが原因となり、
喉頭蓋谷に食べ物が貯留したり、分割嚥下になって食べ物がたまったりします。
これが原因の原因になることがあります。

 

喉頭蓋の閉鎖が不十分で誤嚥します。

 

B 食道期における誤嚥

 

食道蠕動運動の低下や、食道と胃噴門部の逆流が
誤嚥性肺炎や逆流性食道炎の原因になることがあります。
誤嚥した時の摂食レベルよりもワンランク低くしたレベルから再開するようにします。

誤嚥した時の対応

軽い誤嚥などで、むせが見られた場合は、
少し時間を置いてから摂食を開始します。
何度もむせが見られるときには、
食べ物の形態や摂取体位などの変更を検討します。

 

明らかな誤嚥の時には、
まず誤嚥物の喀出を行います。
必要があれば、吸引を行い、誤嚥物の量を減らします。

 

誤嚥をした時には医師に連絡し、
誤嚥の状況に応じて抗生物質の投与など、
全身管理の強化を検討します。

 

誤嚥した後、肺炎の危険を冒してまで高いゴールを目指すべきか、
安全性を考慮し低いゴールに変更すべきか(経管栄養の検討)、
患者さんの意欲や嚥下機能、全身状態、家族の意向などを含め、
医師や看護師、家族、そして患者さん本人と話し合い検討します。

 

摂食を再開するときには、
安全性を考慮するため誤嚥の原因と考えられる問題点を整理し、
誤嚥した時の摂食レベルよりもワンランク低くしたレベルから再開するようにします。