訪問看護師になるための看護マニュアル

膀胱洗浄とは

膀胱洗浄とは、膀胱内留置カテーテル、或いは膀胱瘻カテーテルを使用して、
膀胱内を生理食塩液(洗浄液)で洗浄する処置のことです。

 

膀胱洗浄をすることにより、
尿に混入している浮遊物や沈殿物、
結石などによる尿路閉塞を予防することができます。

 

また、膀胱内膜の炎症や感染などの治療を目的として、
膀胱洗浄が行われることもあります。

 

膀胱洗浄は、自動式膀胱洗浄と、手動式膀胱洗浄があります。

 

自動式膀胱洗浄
3wayの膀胱内カテーテルを使用して、生理食塩液を滴下流出させる方法です。
手動式膀胱洗浄
2wayの膀胱内カテーテルを使用して、生理食塩液を注射器で注入し、排出させる方法です。

在宅では、この二つの方法のうち、「手動式膀胱洗浄」を実施する場合が多いですが、
膀胱洗浄することにより感染へのリスクが高くなるので、
頻繁には行わないようにします。

 

そして、膀胱洗浄は、しくみと手技を理解した介護者によって実施されることもあります。

 

膀胱洗浄は、感染のリスクが高くなるので、
頻繁に行うことはできません。

 

尿に浮遊物が多く認められるとき、
膀胱内留置カテーテル、
或いは、膀胱瘻カテーテルが留置されているときに行います。

 

全身状態の悪化が見られるときには、
膀胱洗浄を実施してはいけません。

 

膀胱洗浄を行うときには、
まず、患者さんや介護者の理解力の程度を踏まえて、
膀胱洗浄の実施が可能かどうかをアセスメントします。

 

そして、家族などの介護者が膀胱洗浄を実施することがあるので、
退院前に病棟で指導をすることが必要です。

患者さんや患者さんの家族対する指導

膀胱洗浄を行う可能性がある患者さんに対しては、
退院までに病棟で、患者さんや患者さんの家族に膀胱洗浄に関する指導を行います。

 

@ 膀胱内留置カテーテルに伴う尿閉、感染リスクについての説明をします。

 

A 在宅での観察ポイントを説明します。

 

B 膀胱洗浄は、感染リスクが高くなるので、なるべく行いたくない処置です。
  ですから、膀胱洗浄を回避するためにはどのようにしたら良いのか、
  膀胱洗浄を回避するための予防策についても指導します。

膀胱洗浄を回避するための予防策とは
・ 一日1500〜2000ml水を摂る。

・ 陰部を清潔に保つ。
・ 定期的にカテーテルを交換する。


C 膀胱洗浄の必要性と原理について説明します。

 

D 膀胱洗浄に必要な物品の購入方法やコストについて指導します。

 

・ 注射器や滅菌Y字ガーゼ、滅菌綿棒などは、病院の売店などで購入ができ、自己負担になることを伝えます。

膀胱洗浄の必要物品

膀胱洗浄に必要な物品とは、
生理食塩液500ml(種類や量や医師の指示の通りにします)、
注射器(カテーテルチップ50ml)、ゴム手袋、
消毒薬(イソジン液、或いは0.025%ザルコニン)、
滅菌綿棒、ハサミ、アルコール綿、排液用容器(尿器または洗面器)、
ビニールシート、滅菌Y字ガーゼ、清潔ガーゼ、固定用テープ、クレンメ(クリップ)、
電子レンジまたは湯です。

 

必要な物品についての入手方法を、患者さんや患者さんの家族など介護者に伝えます。
病院の売店で購入できるもの、自己負担になるもの、おおよその金額なども伝えておきます。