訪問看護師になるための看護マニュアル

在宅看護の地域連携の現状

近年は、救急医療システムが整備され、医療が高度化されたので、
患者さんの多くが在宅で生活できるようになっています。
そして、医療改革によって入院期間の短縮が進められ、
入院患者さんは治療が終了するとすぐに退院や転院を迫られます。

 

障害や継続医療の必要性により、
在宅療養のために生活の変更を余儀なくされる患者さんも多くなっていますし、
患者さんを受け入れる家族は、高齢者世帯、各家族、主介護者の就労など、
家族のサポート力は低い現状がある中、
自宅退院する患者さんや家族は、
退院と同時に在宅での医療処置や介護をしなくてはならなくなります。

 

ですが、退院と同時に在宅での医療処置や看護・介護を開始するには、
入院中に退院に向けての準備をしなければなりません。
病棟と外来、施設と地域医療の連携も必要ですが、
地域によっては保健・医療・福祉の連携も十分であるとはいえず、
地域に戻ってく患者さんへの必要な医療が継続できないという問題点も指摘されています。

 

このような現状があるので、医療機関の中で実践できる対策を考える必要性があります。

 

例えば、患者さんの入院中から患者さん本人は勿論のこと、
患者さんの家族とも人間関係を築き、
入院初期から方向性を決定し、退院に向けての援助をしていくことが必要です。
方向性とは、退院か転院かということになりますが、
医療従事者側が一方的に決めるのではなく、
患者さん本人や家族がその決定プロセスに参加できるような態勢が望まれます。

 

また、今まで健康であった人がベッドに横たわり、医療機器に囲まれている状況は、
患者さんの家族は不安や恐れを感じる事も多いと思います。
ですが、入院期間中に医療スタッフと一緒に今後の生活を検討していく中で、
患者さんもその家族も不安に対処しようとする気持ちが芽生えてくるはずですし、
退院後の生活に適応するための潜在能力も引き出されてくるはずです。

 

入院中の患者さんを看護する看護師は、
退院後の患者さんの生活の質がより高いものになるよう
患者さんやその家族へのサポートが必要ですし、
在宅看護に携われる看護師も、患者さんの退院時の継続看護についての
退院指導を理解することが重要です。

 

また、在宅看護を受けていた患者さんが再入院した場合は、
訪問看護師がその患者さんについての情報を入院先の医療スタッフに報告する事も大切です。

 

つまり、入院施設の看護師と訪問看護師の連携を深めることは、
患者さんの治療・療養に、そして、患者さんやその家族の生活の質をあげるためにとても重要です。