訪問看護師になるための看護マニュアル

膀胱内留置カテーテルとは

尿道から膀胱内へカテーテルを挿入し、
カテーテルが抜けないようにカテーテルの先端のバルンを膨らませて膀胱内に留置し、
持続的に尿を排出させる処置を「膀胱内留置カテーテル」といいます。

 

膀胱内留置カテーテルは、尿量や尿の性状を観察するため、
また、残尿による尿毒症を予防する目的で行われます。

 

膀胱内留置カテーテルが適応になるのは、
神経因性膀胱や前立腺肥大症などの病気で、
尿閉の症状がみられる患者さんや、
褥瘡の治療の目的で、一次的にカテーテルを挿入して、
尿失禁による浸潤環境を改善するために必要な患者さんです。
また、ターミナルケアでは、尿量観察の目的だけでなく、
前立腺がんによる尿閉や、
脊髄や神経へのガン転移によって尿閉症状を起こした場合に適応になります。