訪問看護師になるための看護マニュアル

経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)とは

経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG:percutaneus endoscopic gastrostomy)は、
意識障害や嚥下障害などによって食べ物を口から食べられない患者さんに対して、
栄養補給を安定して行うため、
そして栄養状態を維持したり改善するために行われる手術のことです。
内視鏡を使って、腹壁外と胃内腔のあいだに瘻孔を形成する手術で、
術式は、プル(Pull法)、プッシュ(Push法)、イントロデューサー(Introducer法)の3つに大別されます。

 

また、PEGカテーテルには、バルン型とバンバー型があって、
それぞれボタン型とチューブ型があります。
主にプル法とプッシュ法ではバンバー型カテーテルが装着され、
イントロデューサー法ではバルン型カテーテルが装着されます。

 

そして、退院後、カテーテルの型の違いにより管理方法に違いが出てきます。
そのため、どの型なのかを確認しておくことが必要です。

 

経鼻カテーテルのように顔面にチューブを固定する必要がないので、
経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)は、在宅患者さんにとって苦痛が少なく、
介護者にとっても瘻孔周囲の消毒などの必要がないので、手技的に簡単です。

 

また、経鼻カテーテル胃管と比較すると、
経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)は、摂食や嚥下のリハビリテーションが行いやすいというメリットもあります。

 

しかし、近年、経口摂取が難しい患者さんが、
在宅療養を継続するために消化管の自然な機能を活かした栄養を保持する方法として、
PEGが急速に広まっていますが、
造設方法によって管理が異なること、皮膚トラブルなどの合併症も起こることがあることなどから、
習熟した技術によって適切に管理をすることが必要です。

 

胃切除後など、PEG不適応の患者さんに対しては、
腸瘻や経皮経食道胃管挿入術(PTEG)を選択することがあります。

経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)の適応と禁忌

経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)の一般的な適応
@ 経腸栄養のアクセスとしての胃瘻造設が適応になる場合

 

脳血管障害や認知症などのため、自発的に食事ができない患者さん。
神経筋疾患などのため、嚥下不能或いは困難な患者さん。
頭部や顔面外傷のため、食事ができない患者さん。
咽頭頭や食道、胃噴門部狭窄の患者さん。
食道穿孔の患者さん。
長期成分栄養療法を必要とするクローン病の患者さん。

 

A 誤嚥性肺炎を繰り返す場合

 

摂食できたとしても、しばしば誤嚥する患者さん。
経鼻胃管留置に伴う誤嚥のある患者さん。

 

B 減圧目的の場合

 

幽門狭窄や上部小腸閉塞の患者さん。

 

C その他の特殊治療の場合

経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)の禁忌
通常の内視鏡検査の絶対禁忌。

内視鏡が通過困難な咽頭や食道狭窄。
胃前壁を腹壁に近節で着ない状況。
補正できない出血傾向。
消化管閉塞(減圧ドレナージ目的以外の場合)

経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)の絶対禁忌、不可能、困難
腹水貯留。

極度の肥満。
著名な肝腫大。
胃の腫瘍性病変や急性粘膜病変。
胃手術、その他の上腹部手術の既往。
横隔膜ヘルニア。
出血傾向。
妊娠。
門脈圧亢進。
腹膜透析。
がん性腹膜炎。
全身状態不良例。
生命予後不良例。
非協力的な患者と家族。