訪問看護師になるための看護マニュアル

チューブの抜去や閉塞時の対応

チューブの固定が適切であったり操作のときに引っ張られるなどして
チューブが抜けてしまうことがあります。
そのようなことが無いように、チューブを引っ張ることができない位置に
しっかりと固定することが大切です。

 

患者さんの意識状態や理解不足、精神的ストレスなどによって、
患者さんが自分でチューブを抜去してしまうこともあります。
栄養剤を注入している時には、事故抜去が無いように、注意します。

 

ストレスが強い場合は、胃瘻や腸瘻の造設などを検討します。

 

チューブが抜けてしまった場合は、再挿入が必要です。
介護者が再挿入できない場合は、訪問看護師に連絡するように指導します。

 

チューブが抜けたり、閉塞によって栄養剤が注入できず対応が必要になるときには、
訪問看護師に連絡してもらうように伝えておきます。

腹痛の時や嘔吐の時の対応

経鼻栄養を実施している時の腹痛の時や嘔吐風邪や感染症は、
胃炎、胆石、腸閉塞などの原因が考えられます。
主治医に報告をし、指示を受けて適切に対処します。

 

一般的に腹痛の時や嘔吐があるときには、
一時的に栄養剤を希釈したり、水分のみとするなどの対処をして、
腸管を休めることによって症状の改善を待ちます。
その場合は、在宅で経過を観察します。

 

腸管を休めても症状が改善しない時には、
検査や処置が必要です。
外来に受診するよう、患者さんや患者さんの家族などの介護者に伝えます。

 

嘔吐は、胃の中に消化されていない多量の栄養物がたまっていると、
それが原因になって起こることが多いです。
ですからチューブを解放して、胃の内容物を外に出します。

 

お腹が張っていないか、排便があるかどうかを確認し、
便秘の場合は便を出し、
嘔吐直後の栄養剤注入は控えて、スポーツドリンクなどの水分補給のみにする、
或いは、栄養剤を白湯で薄めて注入し、胃腸の負担を軽くします。
そして、徐々に通常の栄養量に戻していきます。
嘔吐が続くと脱水になる危険性があるので、
少量で少しずつでも水分を補給できるようにします。

痰の増量、呼吸状態の悪化

経鼻栄養中には、栄養剤の逆流などによって痰の増量、呼吸状態の悪化が起きることがあります。
この場合は主治医に報告をし、対応の指示を受けます。
痰の吸引や抗生物質の使用によって症状が改善する程度であれば
在宅で経過を観察しながら様子を見ます。
症状が落ち着かない場合は、外来を受診するように指導します。

 

痰の増量によって呼吸状態が悪化する場合は、
緊急に外来を受診し対策することが必要です。

 

栄養剤注入中にチューブが抜けてしまうと、
栄養剤が気管内に入って誤嚥性肺炎を起こす危険性があります。
咳や痰の絡みがないかどうかを確認することが大切です。
吸引器があれば吸引し、
呼吸状態が落ち着いていればチューブを再挿入して栄養剤を注入します。

 

また、栄養剤注入中にチューブが抜けると誤嚥性肺炎を起こす可能性もあるので、
誤嚥性肺炎を起こしていないかどうか観察する事も重要です。