訪問看護師になるための看護マニュアル

在宅看護の看護師の役割

在宅看護における看護師は、
医療従事者と患者さんの位置関係、
看護師の責任、
患者さんを支える在宅ケアチームの責任者としての立場などに考慮する必要があります。

  • 在宅看護では、看護師が訪問者になります。
  • 看護師が患者さんの居宅を訪問する際、ほとんどの場合が一人です。

    訪問看護の現場では、一人の看護師の観察や判断、それに伴う看護実践に対する責任がとても重い現状があります。

  • 施設内のケアチームとは異なり、様々な職種、様々な機関のメンバーでチームが構成されることが多いので、そのチームメンバーとの関係の調整力も必要です。

在宅看護での看護師の役割とは

患者さんが必要とする医療と、その人自身の生活が共存できるよう援助することが
在宅看護における看護師の役割です。
在宅看護は、患者さんの健康の回復と健康維持、安らかな死に関与します。

 

看護師は、患者さんの日常生活の援助者の役割ももち、
患者さんの生活の質をあげることができるように
その人の能力を最大限に発揮することができるようサポートすることも重要です。

 

そして、訪問看護の看護師は24時間の援助はできません。
患者さんの日常生活は24時間絶え間なく続きますから、
家族や他のケアチームメンバーを指導し、支援する事も必要です。

在宅看護の看護師に求められる資質

在宅看護では、看護師はチームメンバー全体の調整者としての役割が大きくなります。
チームのメンバーには、他職種や他機関の人も含まれますし、
患者さんの家族も含まれます。
患者さんを中心として、その周りの人のすべてと連携をとりながら、
患者さんを支えていくことが必要です。

 

このようなことから、在宅看護を担う看護師に求められる資質として、
・挨拶、返事がきちんとできること。
・相手に対して感謝の気持ちを持ち、それを表現できること。
・電話の対応や接客、訪問のマナーを守ることが出来ること。
などが求められます。
ヒューマンスキルに問題がある看護師の訪問は、
訪問看護を断られることもあります。

 

ですから、看護師としての技術の向上は勿論のこと、
人としての資質も高めながら患者さんと家族の主体性を尊重し、
責任を持って訪問看護を行っていくことが大切です。