訪問看護師になるための看護マニュアル

在宅人工呼吸療法とは

呼吸器が疾患などによって十分に機能しなくなったときに、
必要なはい換気を機械的に補助したり代行したりするのが
「在宅人工呼吸療法(HMV:home mechanical ventilation)」です。

 

「在宅人工呼吸療法(HMV:home mechanical ventilation)」は、
適切な療養環境を得ることで、患者さんのQOLを向上させることができます。

 

「在宅人工呼吸療法(HMV:home mechanical ventilation)」は、
24時間呼吸管理を行うことができます。
そして、在宅で行う人工呼吸管理には、
気管切開をしないで行う非侵襲的人工換気と、
気管切開をして行う気管切開下人工換気(TPPV)があります。

 

気管切開をしないで行う非侵襲的人工換気には、
従圧式人工こきゅうによるものと、非侵襲的陽圧換気(NPPV)がありますが、
最近は、NPPVの導入が増加しています。

 

在宅用人工呼吸器は、医療施設以外の環境でも使用することができるように設計されています。
そして、人工呼吸器の基本的な原理はどの人工呼吸器においても同じです。

気管切開下人工換気の長所と短所

長所
気管切開下人工換気の長所は、確実に気道確保できるところにあります。

また、人工呼吸モードが多様で選ぶことができるや、高い呼吸終末陽圧呼吸が可能なことなども長所です。

短所
気管切開下人工換気の短所は侵襲的であることです。

気管内挿管を維持するため、麻酔薬や筋弛緩薬など循環器系に影響を与える薬物が必要になります。

非侵襲的陽圧換気(NPPV)の長所と短所

長所
非侵襲的陽圧換気(NPPV)の長所は、非侵襲的なので、会話や食事もできるところにあります。

また、人工呼吸器関連肺炎(VAP)などの感染の発症が少ないという長所もあります。

短所
非侵襲的陽圧換気(NPPV)の短所は、人工呼吸モードのバリエーションが少ないことや、呼気終末陽圧呼吸レベルに限界があること、協調性に欠ける患者さんや意識不明の患者さん、気道分泌物の多い患者さんには向かないことがあげられます。

在宅用人工呼吸器例

オニキスプラス
挿管や気管切開をしないで換気補助のできる非侵襲的なNPPVに対応しています。

圧縮空気の配管が無くても使うことが出来るので、各病棟から在宅まで幅広く使用することができます。
一回換気量設定機能を備えているため、設定一換気量(呼気)に合わせて、呼吸ごとにPSV/PCV圧が自動調整されます。

LP10
ルームエアをガス源として人工呼吸管理ができ、病棟から在宅まで広く使用することができます。

調節や補助、SIMVなどの人工呼吸管理に必要な基本機能を備えています。
トリガーによる補助呼吸のほかにも、自発呼吸のみの呼吸も可能です。
その際、自発呼吸が楽にできるよう、内部のガス流量抵抗を少なくしています。

Tバード
タービン駆動の人工呼吸器です。

圧縮吸気の配管がない病棟でも人工呼吸管理をすることができます。
酸素吸入が必要な場合は、本体背面部より酸素配管、
または酸素ボンベから酸素を投入することが可能です。