訪問看護師になるための看護マニュアル

ケアマネージャーの資格を取得するならまずは無料資料請求

ケアマネの資格取得に興味があるなら
まずは無料の資料請求をしてみましょう!

 

資料請求しても勧誘の電話もかかってこないので安心してください♪

 

資料請求のやり方は簡単♪
こちらのページをクリックすると、下の画面が表示されます。

 

「ケアマネージャー」にチェックを入れて
「資料送付先の入力画面」へをクリックしてください。

 

ケアマネージャー

 

請求したい都道府県にチェックを入れて、「選択した都道府県の講座を確認」をクリックします。

 

看護師 ケアマネージャー

 

送付先の情報を入力してクリックします。

 

看護師 ケアマネージャー 資料

 

最後に「お取り寄せ終了」をクリックすれば完了♪

 

まずは無料資料請求をしてみましょう!!
   ↓↓↓
ケアマネ

ケアマネージャーの資格を取得する看護師が増えている理由

看護師さんがケアマネージャーの資格を取得される理由をまとめてみました。
看護師さんがケアマネージャーの資格を取得されるメリットですね。

 

土日が休める
居宅介護支援事業所でケアマネージャーとして勤務する場合、土日祝日休みで平日の9時〜17時の勤務というケースが多いです。

ですから、病棟勤務のように夜勤の勤務がないので体のリズムが整えやすいし、家族持ちの場合、家族の休みと同じように休めるので助かるというメリットがあります。

看護師として支援ができる
ケアマネージャーは看護師じゃなくても取得できる資格です。

看護師さんがケアマネージャーとして働く強みは、患者さんの疾患から見て、今後の経過が予想できることです。
重症化していく患者さん、終末期を迎える患者さんに対してどのようなケアをしていけるかというのを看護師としての経験を活かすことができるのが強みです。

 

ただし、デメリットもあります。
毎月のプラン作り、介護報酬の請求のお仕事がありますので、パソコンができないと話になりませんし、事務のお仕事が続くと肩こり、ドライアイになるということもあります。
また、さまざまな職種の方と連絡を取り合い、介護される患者さんと介護する方のサポートをする仕事ですので、コミュニケーションが必要になりますし、判断力も必要になります。
また医療の分野だけではなく、介護や社会福祉に対する幅広い知識が必要となります。

 

しかし、看護師として病棟で働くのとは違う患者さんや患者家族とのかかわり方ができるので、介護業界に興味のある看護師さんにはとても役立つ資格だと思います。

看護師,ケアマネージャー,ケアマネ

以上のように、看護師さんがケアマネをするには、メリットもデメリットもあります。

 

将来の体力のことを考えて
自己成長・スキルアップ
と考えた看護師さんがケアマネの資格を取得されています。

 

あなたもチャレンジしてみませんか?

 

まずは無料資料請求をしてみましょう!!
   ↓↓↓
ケアマネ


ケアマネージャーの資格について

ご存知の方も多いと思いますが、ケアマネージャーの資格を取得するのにはちょっと高めのハードルがあります。

ケアマネージャーの受験資格
ケアマネジャーの試験の受験資格は、以下の二つの条件のどちらかを満たしている必要があります。
  1. 保健・医療・福祉の国家資格を持っている人

    【該当する資格】
    医師、歯科医師、薬剤師、助産師、看護師准看護師、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、視能訓練士、義肢装具士、 言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、精神保健福祉士、栄養士、介護福祉士、社会福祉士、 保健師

  2. それらの分野で5年以上、900日の実務経験がある人

つまり医療系の資格を持っていない人がケアマネの資格を取得しようと思っても、「5年以上、900日の実務経験」を積まないと試験すら受けられないのです。
誰でもすぐに取得できないという意味で、ちょっと高めのハードルのある資格だと言えます。

 

在宅でケアできる患者は在宅で・・・という社会的な流れがあります。
「患者さんと患者家族が在宅で必要なケアやサービスをプランニングしていく」ことが必要です。
その役割を果たすのがケアマネージャーです。

 

訪問看護に詳しい方ならご存知かもしれませんが、ケアマネージャーのお仕事について簡単にご説明します。

要介護認定
在宅介護が必要だと思っても、介護保険の給付を受けるためには要介護認定を申請する必要があります。

申請が行われると市町村から調査員が派遣され認定調査が行われます。
ケアマネージャーは認定調査を行うことができます。

ケアプランの作成
介護が必要な方にサービス計画を立てます(ケアプラン)。

要介護者の状況やニーズを把握するため話を聞き、その上で必要なサービスが希望に沿うように計画をたてます。

給付管理
介護保険でのサービスが始まると、その請求業務が発生します。

給付管理票という介護保険のレセプトのようなものを作成し、それを元に介護給付が行われます。

 

ケアマネージャーが必要な職場は、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、介護療養型医療施設、在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所などです。
ケアマネージャが必要とされる施設は、今後も増えていくことが予想されます。