訪問看護師になるための看護マニュアル

在宅看護とケアマネジャー

介護保険によって訪問看護を利用する場合は、
ケアマネジャーからの依頼によって訪問看護が開始されますが、
その際に、ケアマネジャーからの利用者情報を提供してもらったり、
ケアプランによる目標やサービス内容についての認識を共有することは、
看護師にとって、とても重要なことであるといえます。

 

そして、利用を開始してからも、日頃から利用者やその家族のニーズにそったサービスが提供されているか、
さらに、ケアマネジャーの作成したプランの目標やニーズに沿っているか、
利用者の変化に適切に対応しているかどうかなどを評価し、
必要であれば修正を行うなども必要です。

 

訪問看護に携わるすべてのスタッフでのサービス担当者会議や、
モニタリングなども必要に応じて行い、報告し、情報提供していく事も必要です。

 

在宅で療養しながら生活をしている患者さん(訪問看護の利用者)は、
慢性的な病態とはいっても、病状の悪化や老化に伴う障害の重症化がいつ起きてもおかしくない状態であることが多々あります。
ですから、医療的ニーズを持った利用者のケアプランには、
ケアの専門家である看護師が迅速に対応する事も必要です。

 

ケアマネジャーと訪問看護師が、常に連絡をとり、
利用者やその家族を支えるための情報交換を行い協力体制を築くことは
在宅訪問看護において、とても重要なことです。

 

看護師は、利用者の心身の機能から日常生活全般、
社会環境まで、全人的に利用者と関わりアセスメントすることができます。
また、看護師は、ケアマネジャーとしても期待される専門職の一つです。

 

ケアマネジャーは、保健・医療・福祉の分野で実務経験が5年以上ある医師や薬剤師、
保健師、看護師、介護福祉士などの有資格者で、
利用者からのサービスに関する相談に応じ、ケアプラン(介護計画)の作成や
サービス事業者との連携や調整を行う人のことです。

 

介護保険の導入以前から訪問看護師には、大きな役割として、
地域サービスや多職種との連携調整などを担っていました。
国の介護態勢に不満を持っている利用者や家族も多く、
そういった不満を看護師にぶつけて来る人も多いと思います。
ですが、介護保険導入前から、そういった不満を、最もとりなしてきたのは
看護師であると考えます。
ですから、訪問看護師のケアマネジャーとしての資質は高いものであるといえるでしょう。