訪問看護師になるための看護マニュアル

介護保険と訪問看護

2000年介護保険法が施行され、
今までは医療保険によって行われていた訪問看護が、
介護保険での実施が可能になりました。
介護保険法の施行は、従来、家庭内のものであった介護が
社会化する大きなきっかけにもなっています。

 

介護保険サービスは、介護支援の専門家であるケアマネジャーが介護支援計画を作成し、
それに基づいて看護が提供されます。
つまり、介護保険による訪問看護は、ケアマネジャーとの連携が必須です。

 

訪問介護を受ける患者さんやその家族に対し、
在宅看護(訪問看護)と、各介護保険サービスとの違いを
利用者が理解できるよう伝えることが必要です。
その上で、患者さんは、訪問介護、訪問入浴介護など、
患者さんの居宅で提供される拡大した介護サービスを、
費用や内容などの条件から選択し、利用することができます。

 

そして、患者さんの権利も今まで以上に尊重されるようになったこともあり、
在宅医療の整備に伴った様々な療養スタイルが認められるようになりました。
例えば、人工呼吸器装着、ガン性疼痛緩和のための薬物持続注入器などを居宅で利用するなど、
患者さんが希望する在宅療養が可能になっています。

 

ですが、患者さんや家族にとってのQOL(生活の質)を考えると、
これからの在宅看護のあり方について、もっともっと考えて行くことが大切です。
今までは、患者さんの居宅で在宅看護が行われてきましたが、
例えば、学校、職場、入所した施設でも、
在宅療養時と同じレベルの看護が受けられるようなシステム作りが必要なのではないでしょうか。