訪問看護師になるための看護マニュアル

今、訪問看護師の需要が増えています

保険医療の点数改正により、在宅医療の重要性が高まっています。
今までなら病院で入院できた患者さんも、できるだけ早く退院させ自宅で療養させる方針が強まってきました。

 

病院ならば常時医師がいるため、患者さんの急変にも医師に指示を仰ぎすぐ対応できますが、在宅ではそうはいきません。
看護師自身が判断して、必要に応じて医師に連絡し、そして指示された処置を看護師自身が行う必要性があります。

 

また、患者さんが在宅で療養するためには、在宅での酸素吸入や胃瘻からの栄養補給や点滴からの栄養補給をされている方も多いので、それに伴う処置や患者家族への指導なども看護師が行う必要もあります。

 

病院では医師や先輩看護師に指示を仰ぎながら、分からないことも聞きながら看護ができますが、訪問看護では一人で行うことがほとんどですので、自分自身のスキルがある程度なければ、不安に思う場面も多いことでしょう。

 

そんな訪問看護師になりたい看護師さんのために訪問看護のマニュアルをまとめてみました。
あなたのスキルアップに役立ちますように!

在宅看護とは

在宅看護とは、看護を受けたい患者さんが生活をしている居宅で看護を行うものです。

 

各地域に、訪問看護ステーションや診療所、
保健・医療・福祉に関わる機関があり、在宅看護を提供していますが、
居宅での看護は、気候や風土、文化、政治、経済、教育など
各地域の特殊性によって影響を受けます。

 

看護内容は、予防的なケア、健康の回復を目指す、健康が維持できるようにサポートする、
安らかな死に至るまでのターミナルケア・終末期ケアなどがあります。

 

そして、在宅介護は、施設内での看護とは異なる点が多くありますが、
看護の共通性を保ちながら、在宅看護の特殊性を理解した看護を行うことが必要です。

在宅看護の歴史

日本の在宅看護の原型は、明治時代に創られていると考えられています。
明治時代に、「派出看護婦」が登場し、
その後、貧困者への巡回看護や結核患者への訪問看護などの公衆衛生看護に引き継がれています。

 

現在の在宅看護の型が取られるようになったのは1970年代。
退院後も看護が必要な患者さんに対して継続看護を行う看護婦を
先駆的な医療機関が派遣し始めたことが現在の在宅看護の元になっています。

 

1980年代になり、高齢化社会に突入しました。
1982年、「老人保健法」が制定され、
その際、訪問看護活動も制度化されたことにより、
本格的な在宅看護のシステムがスタートしています。

 

その後、1992年、老人訪問看護ステーションが創設され、
1994年の健康保険法改正によって
高齢者に限らずすべての年齢の人に対しての訪問看護が提供できるようになっています。

 

このように在宅看護は変化を遂げ、現在のシステムに至ります。
医療機関から遠くはなれた地域であっても、
訪問看護ステーションがあれば在宅看護が可能になり、
小児から高齢者まで看護の対象も幅広くなっています。

 

日本における在宅医療推進の医療政策は、在宅看護に大きな影響を及ぼし、
診療報酬の改正によって、多くの病院が患者さんの入院期間の短縮を大きな課題としています。

 

そして、在宅医療への移行がスムーズになるよう、
在宅医療に関わる機器や薬物も急速に整備され、
それらの機器や薬物を在宅看護で使用する患者さんの数も急激に増えています。


FXシステム比較