看護師面接に受かるコツ

看護師の深夜勤の流れ

看護師の深夜勤の流れについて、ご説明しましょう。
看護師の仕事の中で、もっともきついのが、深夜勤であり、深夜勤が多くて長続きしない看護師も多いようです。
深夜勤の仕事の流れは、まずは交代する看護師と申し送りを受けて、業務を引き継ぎます。
申し送りで、ひとりひとりの患者の状況について、把握しておく必要があります。

 

深夜勤でのおもな仕事は、定期的に患者の巡回を行うことであり、とくに病状が不安定な患者については、慎重に巡回を行う必要があります。
深夜に点滴を受けている患者は、点滴の取り外しや交換などが必要となります。

 

翌朝早い時間より、患者の検温や脈拍、血圧などを測定します。患者によっては、採決が必要とされる場合もあります。
翌朝、次の看護師に交代するときには申し送りを行い、患者の状況を伝えて、勤務終了となります。


変動通貨はスワップポイントが高め