看護師面接に受かるコツ

看護師の当直制について

看護師の勤務形態のひとつとして、当直制についてご説明しましょう。

 

当直制とは、一般的に夜間に勤務をすることであり、医療の現場では、入院患者がたくさんいますから、24時間患者から目が離せません。
そういった状況の中で、医師や看護師は24時間体制で勤務していないと、患者から目を離して管理を怠ることになってしまいます。

 

当直制は、夕方から翌朝にかけての勤務形態となり、12時間〜16時間程度の勤務時間となりますから、かなりハードスケジュールになります。

 

その代わり、勤務スケジュールについて、当直の前後には十分に休養が取れるように組まれているなど、配慮されています。
また、このようなスケジュール管理体制ができていないと、勤務がきついからと看護師の仕事が続かなくなることにもなりかねません。


変動通貨はスワップポイントが高め