看護師面接に受かるコツ

看護師の3交代制について

看護師の勤務形態で3交代制のことを変則3交代制と呼び、1日24時間を3分割した勤務形態で、8:30 〜 16:30の日中の勤務時間は日勤、夕方から深夜まで16:30 〜 00:00勤務時間を準夜勤、深夜から翌朝まで00:00 〜 8:30の時間帯の勤務を深夜勤と呼びます。

 

この時間帯は、あくまでも一般的なものであり、医療機関ごとに時間帯について若干異なる場合もあります。

 

3交代制の特徴は、それぞれ看護師の勤務時間にだふりが生じていることです。
日中に勤務している看護師から準夜勤の看護師へ、準夜勤の看護師から深夜勤の看護師へと交代するときに、時間のだぶりを設けておくことで、それぞれ看護師に申し送りを行う時間が取れます。

 

申し送りとは、看護師の専門用語のひとつで、勤務交代時に行うことにより、患者の身体状況や病状などについて引き継ぎをすることができます。
引き継ぎされた看護師は、交代する看護師から患者の様子につい詳しく知ることができます。

 

看護師の仕事は、OLと比べて給料が高いと言われているのは、その分、責任の重い仕事が多いからであり、人の命を預っている仕事だからでしょう。

 

ときに、病院での勤務は、勤務スケジュールが変動的であり、夜勤もあれば日勤や準夜勤もあるので、体力や気力のある人でないと到底つとまりません。
精神的・肉体的にかかる負担を考えると、看護師はけっして高給取りとは言えないのかもしれません。


変動通貨はスワップポイントが高め