看護師面接に受かるコツ

看護師の勤務スケジュールについて

看護師の勤務スケジュールは、職場によっても大きく格差が生じています。
規模の小さい診療所や入院施設がない個人医院などで、夜勤をすることはまずないと思いますが、入院施設のある個人医院や大規模な病院では、ほとんどの職場で夜勤をする場合もあります。

 

入院患者によっては、面会謝絶状態で24時間の管理が必要とされる患者もいますので、看護師の勤務スケジュールが日中だけでなく、深夜の勤務が必要とされる場合も出てきます。

 

看護師の仕事がきついと言われるのは、夜勤という勤務形態が導入されているからであり、夜勤にも準夜勤と深夜勤と呼ばれる形態があります。
看護師として、病院でのハードスケジュールをこなしていくには、体力と精神力が必要です。

 

医療の現場では、24時間常に医師と看護師が必要であり、夜中にも患者の様態が急変する可能性もあります。
もし、夜中に患者の様態が急変したにもかかわらず、きちんとした管理ができていなくて、患者の容態が悪化、もしくは管理不足により死亡した場合は、病院側の責任も重くなりますので、医師や看護師のスケジュールは、厳重に管理されるとともに、無理のないスケジュールを組むことが必要になってきます。

 

病院での看護師の勤務スケジュールは、2交代制・3交代制に分かれているのが一般的で、2交代制を導入している病院は、全体の約3割、3交代制を導入している病院は約7割と言われています。
一般的に、準夜勤の勤務時間は、16:30 〜 0:00まで、深夜勤は0:00 〜8:30までといった感じになっており、病院ごとに時間帯に格差が生じることもあります。


変動通貨はスワップポイントが高め