看護師面接に受かるコツ

看護師の仕事

看護師の仕事は、病院や個人医院で医師の指示に従い、注射や点滴をする仕事をしている人といったイメージが強いと思いますが、それだけではありません。

 

看護師は、白衣の天使ともよく言われていますが、近年、医療の現場では看護師の数が十分に確保できていないというのが現状であり、その原因には看護師の仕事は3Kと呼ばれており、きつい・きたない・危険と言われていますね。
看護師の仕事は、肉体的にも精神的にも、きつい仕事だと言われています。

 

人材が不足している医療機関では、ひとりひとりの看護師の労働時間や精神的な負担が強くのしかかってきます。
職場によっては、給料が高い医療機関もありますが、思ったほど高い給料ではない職場もあります。

 

看護師の仕事は、個人医院と病院と比較すると、病院のほうがハードな仕事になると言って良いでしょう。
病院での看護師の仕事のうち、とくに危険性が高いとされるのが、ICUや手術室などの仕事です。

 

患者から一刻も目を離せず、とくにICUに運ばれてくる患者は、生死の境をさまよっている状態であるため、強靭な集中力と生成・沈着な判断力が求められています。
もちろん、このような責任の重い仕事は、新人の看護師に任せられることはまず少なく、看護師としての経験年数が長いベテラン看護師でないと任せられません。

 

看護師の仕事は、医療関係の仕事はもちろん、ひとりひとりの患者の精神的なケアを行い、患者の個人情報を管理する仕事、訪問看護、医師と患者と家族とのコミュニケーションをとるなど、細かい気配りが要求されます。


変動通貨はスワップポイントが高め