看護師面接に受かるコツ

看護師の職場

看護師の資格を取得したら、いよいよ医療の現場で仕事をすることになります。

 

看護師と言えば、病院で仕事をすると思う人も多いと思いますが、看護師の職場は病院や個人医院だけではなく、訪問看護や企業看護師など仕事の範囲が実に幅広く、多岐に渡ります。

 

看護師が働く職場で、もっとも一般的なのが病院や個人医院での勤務であり、外来患者や入院患者に対して、看護や医療のケアを行います。
看護師としての知識や技術が要求されることはもちろん、患者とのコミュニケーションを密にとり、病状や治療について不安感を持つ患者の気持ちをほぐしてあげるのも、看護師としての大切な役割です。

 

看護師は、医療の現場で働くだけでなく、近年は企業看護師のニーズも高まりつつあります。
企業看護師は、医療機器の導入教育に携わる業務や新しい医薬品の開発などの仕事を行う仕事で、病院や個人医院での仕事の内容とはまったく違います。

 

看護師の仕事には、医療の現場で仕事をするだけでなく、看護師養成学校の講師として仕事をしている人もいます。
また、養護教諭として仕事をしている人もいますが、養護教諭の仕事をするには、看護師の資格とともに保健師の資格取得も必要となります。

 

看護師の仕事で、今、もっともニーズが高いのが訪問看護師の仕事です。
各家庭を訪問して、とくに在宅介護をしている家庭を訪問する機会が多く、高齢化社会にともない、介護の現場は老人ホームやデイサービスセンター、老人保健施設などの介護施設だけでなく、介護が必要とされる高齢者のいる家庭で、患者とその家族とコミュニケーションを取り、介護に関する悩みなどを聞いたり、適切なアドバイスを行うのも大切な仕事です。


変動通貨はスワップポイントが高め