看護師面接に受かるコツ

訪問看護師について

訪問看護師は、看護師が各家庭を訪問して患者の様子をうかがい、患者のケアを行いながらコミュニケーションを密にとり、保健指導を行うといった仕事をする看護師のことです。

 

一般の病院や個人医院などの医療機関に訪れる患者へのケアを行うのではなく、各家庭に訪問してケアするのが、訪問看護師です。
したがって、訪問看護師の職場は、保健所や市区町村の保健センターや訪問看護ステーションなどが多いようです。

 

訪問看護師を目指すには、看護師免許を取得するのはもちろんのこと、市区町村によっては、さらに研修を受けることが義務づけられているところもあります。

 

訪問看護師としてニーズが高い仕事には、在宅介護をサポートする役割があります。
在宅介護をしている人の自宅に出向いて、介護が必要とされる家族に、入浴や排泄のサポート、床ずれの処置、必要に応じて点滴や注射など、簡単な医療行為を行う場合もあります。

 

個人医院や病院などの医療機関では、院内に医療設備が整っていますが、訪問看護師は一般家庭を訪問して、適切な措置や医療行為を行いますので、看護師としてのキャリアを積み、専門的な知識や技術を活かすことはもちろん、患者や家族とのコミュニケーション能力も問われます。

 

訪問看護師は大変責任の重い仕事であり、病院や個人医院の看護師に比べて、訪問看護師を希望する看護師がまだまだ少ないのが現状で、今後はますます訪問看護師のニーズが高まる傾向にあります。

 


変動通貨はスワップポイントが高め