看護師面接に受かるコツ

認定看護師について

転職を希望している看護師さんの中には、認定看護師という言葉を耳にしたことがある方も多いと思いますが、日本看護協会による認定看護師認定審査を受験して、合格してから認定看護師の登録手続きを完了させた看護師のことを指す言葉です。

 

では、認定看護師の試験を受けて合格するには、どうすればよいのでしょうか。

 

認定看護師の試験に合格するには、特定の看護の分野について、専門的な知識や技術を持っておく必要があります。
認定とは、認められることですから、日本看護協会によって、認められれば、認定看護師として登録されることになります。

 

ただし、認定看護師の資格取得により、給料やボーナスに反映されるとは言えないのが現状ですが、職場によっては、資格手当が支給される場合もあります。

認定看護師の条件

認定看護師になるには、日本看護協会が実施する認定看護師の認定審査を受ける必要があります。
その前に、国家資格である看護師の資格を有することが前提となります。
看護師になるための勉強をしていて、看護学校などの専門学校に通っている人であっても、看護師の資格を有していなければ、認定看護師に認定されることはできません。

 

看護師免許の他に、助産師や保健師などの資格を取得している人も、認定看護師になれる可能性は十分あります。
まずは、医療系の国家資格を取得することが前提となります。

 

認定看護師になるには、上記の条件にプラスして、さらに、5年以上の実務経験がある人となります。
認定看護師について詳しく知りたい方は、日本看護協会に問い合わせてみると良いでしょう。


変動通貨はスワップポイントが高め